万が一を防ぐマンション大規模修繕

区分所有者が修繕すべき部分

当サイト「万が一を防ぐマンション大規模修繕」でマンション大規模修繕に関するお役立ち情報をお届けしています。
マンション大規模修繕のことを調べているのでしたら、まずは豊富なメニューをご熟読ください。

 

管理組合が修繕すべき部分と、区分所有者が修繕すべき部分を大規模修繕工事を行うにあたっては、はっきりさせることが必要です。

 

屋上防水、外壁、共用廊下、エレベーター、自転車置き場、機械式駐車場、給水管、受水槽、排水管などの管理組合が修繕すべき部分は、共有部分です。

 

また、「築何年たったから修繕しなければならない」、とマンションの管理会社から言われることもありますが、管理会社の言いなりになってはいけません。

 

特に大規模修繕を行う時期というのは決まっていません。
それでは、修繕をいつ頃行なえばよいのかというと、設備の耐用年数、現場の状況、メーカーの保証期間、修繕積立金の残高、などで変わってきます。

 

ほとんどのマンションが長期修繕計画においては、10〜15年サイクルで、大規模修繕を計画しています。
15年のサイクルにするなど、できれば、工事を先延ばししたほうが、修繕積立金を低くすることができます。

 

大体10〜15年おきにマンションでは、大規模修繕を行っています。
かなり大がかりな工事で、補修をマンションの躯体を維持するためにおこなったり、共用部分の改修を行います。
経年による劣化はマンションの場合、避けられないため、建物としての資産価値を定期的に修繕をすることで、維持できます。

 

マンション躯体の強度を大規模修繕を行うことで、高めることができ、建物を安全に保つことができます。
例えば、壁にひび割れがあれば、水が浸み込んで、内部が錆びることがあります。
また、不具合が屋上の防水機能にあると、水漏れがそこから起こり、建物内部が腐ってしまうことがあります。
定期点検を行い、建物に不具合が見つかってから修繕をするのではなく、必要に応じて市補修することで、マンションを長持させることができます。

 

意外と理解しているようで知らないのがマンション大規模修繕に関することで、正確な情報をまず最初に集める必要があります。
インターネットを参考にしてパソコンや携帯電話などでマンション大規模修繕の情報収集をしてみてください。

 

「あまり大規模修繕のこと知らないんだけど…」とお悩みの方も多くいらっしゃることでしょう。
まずは口コミ情報や横浜マンション大規模修繕の情報サイトを確認してみてください。もう心配はいりません!